オーガニックアリバカカオ専門店「MAMANO CHOCOLATE」 / 赤坂見附

エクアドル産無農薬アリバカカオ専門店

「世界一小さなチョコレート工場の、大きな夢」
2013年2月。「チョコレートで世界を笑顔に。」をミッションとして、チョコレート店MAMANOを赤坂見附から徒歩1分の立地にOPENいたしました。
MAMANOは、世界で初めてとなる、カカオの原種「アリバカカオ」の専門店として、フェア・トレードでエクアドルから輸入したチョコレートを使用。
わずか2坪のお店からスタートし、全ての製造販売を行っていましたが、現在では赤坂店舗で販売を行い、青梅に大きい工房を構え製造を行っています。

MAMANOが目指す3つのSMILE
MAMANOは3つのSMILEを目指します。

・SMILE1.
SMILE1は、お客様の笑顔です。
チョコレートは「神様の食べ物」という学名がつくほどに、数百年前から希少な食べ物として、人々に愛されてきました。
カカオの原種「アリバ」は、驚くほど心地よい香りで、お客様をとびっきりの笑顔にする事ができます。

・SMILE2.
SMILE2は、エクアドルのカカオ生産者の笑顔です。
MAMANOでは100%フェアトレードで、エクアドルの先住民ケチュア族が作るチョコレートを輸入して使用しています。
MAMANOが適正な価格でチョコレートを輸入し、ケチュアの人々が経済的に豊かになることで、彼らの課題である若者の都市流出やカカオ生産からの撤退を阻止でき、仕事への誇りが強く持てるようになります。
また、日本がフェアトレードでカカオを輸入してくれる国だという認識が広がれば、エクアドルから日本への評価が高まり、エクアドルと日本の関係は今よりもっと密で良好なものになります。

・SMILE.3
SMILE3は、地球の笑顔です。
MAMANOが輸入するチョコレートは、エクアドル東部のヤスニ国立公園に隣接した、世界で最も動植物が豊富なアマゾン地域で栽培されています。
その栽培方法は、伝統的なチャクラ農法(無農薬の自然栽培)です。
この農法であれば、森林伐採や焼き畑をせずとも世界でも傑出した良質なカカオを栽培する事ができます。
森林伐採をせず、栽培した良質なカカオが適正価格で取引されるということになれば、アマゾンの地下に埋蔵されている石油を掘る必要性は低くなります。
このことは、石油採掘による環境破壊を防ぎ、自然保護に繋がります。

営業時間:[月-木]12:00~20:00 [金]10:30~20:00 [土・祝]11:00~19:00
 ※金曜日以外15:00~16:30close
定休日:日曜日
電話番号:03-6441-2744(お客さま専用)
住所:東京都港区赤坂3-8-8 赤坂フローラルプラザビル1F
HP:https://mamano-chocolate.com/
Instagram:https://www.instagram.com/mamano_official/
Facebook:https://www.facebook.com/mamanochocolate/
Twitter:https://twitter.com/MAMANOofficial/

    Googleマップで開く(ナビ機能などが使えます)